睡眠は心を安定させる

blister packs

嫌なことがあった時、ストレス発散の方法として睡眠を上げる人は多いと思います。
確かに些細なことなら寝て起きたら忘れていることもありますし、疲れているとそれだけでイライラしてしまうので、
ストレス発散をする上で睡眠は非常に重要です。
うつ病の症状の1つとして睡眠障害があるので、うつ病の人は嫌なことを忘れようと思っても上手く眠れず、
嫌なことを引きずったまま朝を迎えることになります。
睡眠障害には、布団に入ってから何時間も寝付けない入眠障害や、夜中に何度も目が覚めてしまう中途覚醒、
目覚ましをかけていても目覚ましより早く目が覚めてしまう早朝覚醒などがあります。
どの睡眠障害も疲れが十分とれないので辛い症状にはなるんですが、
中でも入眠障害は辛くて早く終わらせたい1日のはずが、眠れないことで1日が終わらないという辛い感覚になるので、
うつ病を悪化させてしまうことになります。

うつ病というのはセロトニンという物質の量が大きく関係しています。
セロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれていて、セロトニンが分泌されることによって人は幸せを感じます。
うつ病の時は、このセロトニンが欠乏している状態なんですね。
セロトニンは夜間にはほとんど分泌されず、日中に分泌されると言われています。
よく「考え事は夜ではなく朝した方が良い」と言われますが、それにはセロトニンが大きく関係していたんですね。
入眠障害は、なかなか寝付けないので、その間ずっと考え事をすることになります。
いつになったらうつ病が治るのか、このまま一生治らなかったらどうしよう、
そんな風にどんどんネガティブに考えてしまうんですね。
エチラームにはセロトニンを分泌させる効果があるので、
服用すれば興奮を抑え、身体の筋肉を弛緩させることで脳をリラックス状態にし、自然な眠りに導いてくれます。